スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Apache Moduleの作り方(2)

・その6
Segmentation Faultなどが発生してもログには1行しか吐かれないし、デーモンをgdbでデバッグするのは大変。(面倒であきらめた)
せめて簡単にバックトレースを出したい、ということで
mod_backtrace
を使った。
ソースはここから取ってくる。

これをコンパイルするためには、
--enable-exception-hook
というオプションを付けて、apacheをconfigureしないといけないらしい。
apacheはパッケージからインストールしているので、src RPMをいじって対処することにする。

1.リポジトリ(IIJとか)からsrc.rpmをとってきて、
rpm -ivh httpd-2.2.3-11.el5_2.centos.4.src.rpm
などとしてソースをインストール。(事前にmkdir /usr/src/redhatしておく)
2./usr/src/redhat/SPECS/httpd.specにあるspecファイルから、configureをしている箇所を探し
--enable-exception-hook
を加える。
3.rpmbuild -bb --clean /usr/src/redhat/SPECS/httpd.spec
でhttpdとhttpd-develのrpmができる。
(バージョンを変えていないので紛らわしいが自分だけしか使わないので気にしなーい)
rpm -Uvh で上書きインストール。

4.モジュールは
apxs -ic mod_backtrace.c
でインストールする。

5.httpd.confに
LoadModule backtrace_module modules/mod_backtrace.so
EnableExceptionHook On
を加える。

参考にしたサイト
カスタムRPMの作成第1回:カスタムRPMの基礎とspecファイル
http://www.stackasterisk.jp/tech/systemManagement/rpm01_01.jsp
カスタムRPMの作成第2回:rpmbuildとtarballからのカスタムRPM作成
http://www.stackasterisk.jp/tech/systemManagement/rpm02_01.jsp
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

fchiba

Author:fchiba
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。